※必見!|車購入の前に

中古車における「新車保証継承」の意味とは

中古車情報誌をめくると「新車保証継承可」をセールスポイントにしている車両をよく見かけます。
新車保証といってもメーカーによって保証内容は違いますが、
大方新車購入時から3年以内に故障した部分については、無償(一部有償)で修理が受けられるといったようなものです。

 

特に、壊れやすいと言われているメーカーの車であれば、この保証の恩恵は大きいはずです。
しかし、新車から3年以内の中古車を購入した場合、
自動で前オーナーよりこの新車保証が付帯されるのかというと、実はそうではありません。

 

例えばAさんが新車登録後2年以内の中古車を購入した場合、
Aさんはその車を取り扱っている正規ディーラーに車を持ち込み、法定点検を受けない限りは、
新車保証は前オーナーより継承されないのです。

 

意外にもこの点をきちんと説明しない中古車業者が多く、後々トラブルになるとも聞きます。

 

なぜなら、法定点検は輸入車ともなると2万円前後掛かるからです。
なお、良心的な業者では予め新車保証を継承させるため、納車前に業者自身が正規ディーラーに車を持ち込み、
点検を受けさせる場合もあります。

 

中古車購入の際、特に新車保証が継承できる車両に関しては、
購入後に正規ディーラーで行う、法定点検の費用や時間も考慮した上で、商談を進めてみてください。

 

車関連サイトのご紹介
【プリウス買取】プリウスに最適な売却方法はこれだ!